長い梅雨が明け、最高気温が一挙に30-34℃へ。湿度も高い。

このような灼熱の昼間に畑作業を延々とやるとろくなことはないので、比較的涼しい早朝が好ましい。

と言うことで今日は7時前に菜園に入り少し作業。

これは超元気なツルムラサキ。残念ながらその味にクセがあり、食が進んでいない。

シシトウ。二株しか植えていないがこれで正解。凄い量の収穫で食べるほうが追い付いていない。

サツマイモ。繁殖力が素晴らしい。虫食いとか病気の害もなく、すくすく育っている。収穫は10月~11月頃だが、その前に蔓を少し頂き、きんぴらに料理する予定。この時期なら葉も食べられるかも。

アマランサス。試しに何本か採りおひたしで食べてみたがクセがなく、食べやすい。次回は炒めてみよう。なおこの紅の色は茹でてもある程度残る。またゆで汁がとても鮮やか!

ピーマン。シシトウや甘い唐辛子と比べてかなり食べやすい。来年は株数増やした方がいい。甘唐辛子(伏見甘長)ははっきり言って旨くない。

手前の菜っ葉はアスパラ菜、その向こうがコマツナ。いずれも虫に葉をかなり食われている。それと苗毎倒れてしおえてしまっているものもあり。夏の葉物の栽培はやはり一筋縄ではいかない。

これがアスパラ菜。同じアブラナ科なので見分けが難しい。

大ひらさや(サヤインゲン)。少し播種が遅いが順調に生育。これを使ったジャガイモ、ニンジンや蒟蒻の煮物作りを楽しみにして育てている。

里芋。雨が多かったせいか生育は順調。収穫は10月-11月と先が長い。

アスパラガス。周りもうらやむ順調な生育ぶり。新芽がどんどん生えている。

伏見甘長(とうがらし)。順調で収穫量も多い。

鷹の爪。4株植えたはずなのに鷹の爪として育っているのは2株だけ。残りの2株は伏見甘長になってしまった。

荏胡麻。私がもっと肉を食べればこの葉はもっと食べられるのだが。漬物で消化するしかないか?

アブラムシ攻撃で成長が止まったハックルベリー。果たして実を収穫できるのか?

うどん粉病、ベト病で瀕死の胡瓜。でももうかれこれ30本くらいは収穫しているので満足。

こちらは四葉胡瓜。

茄子は4株ほど育てている。全て種から育てているが、定植直後は苗が元気がなく心配していたが今は順調。

トマトのアイコ赤。このアイコと輸入種のブラウンベリーはまだ元気。

落花生。とりたてて虫や病気の害がなく順調。

空心菜(エンサイ)。虫が幹をかみ切る事象が既に3回くらい発生。その都度移植して穴を埋めているのだが。

 

 

 

 

 

 

 

 

島オクラ。定植直後の生育不良でダメかと思ったが何とか復活した。原因は不明。

モロヘイヤ。順調。

下仁田ネギ。後3回くらい追肥と土寄せを繰り返す。

紅オクラ。既に3本収穫済み。実も苗もきれい。

大葉。これも繁殖力が強い! ジェノベーゼソースの具として大活躍。

日中ボランティア活動があり昨日行けなかった畑。今日行ったらトマトの成長が進んでいてかなり収穫。でも病気で廃棄した株もあり。

まずはハックルベリー。相変わらずアブラムシ攻撃を受けているがまだ持ちこたえている。一昨日より実の成長がすすんでして、黒ずんだものが多い。

収穫は実のがくが茶色くなったらOKとのこと。未熟の実を摂ると中毒を起こす恐れあり。

そして胡瓜。右二つは四葉胡瓜、左は通常の胡瓜。今日は5-6本収穫し、冷蔵庫に5本くらいあるので、トマトと共にご近所さんに進呈。

直播した小松菜とアスパラ菜。そろそろネットは外していいころ。今日見たら葉っぱが虫に食われている様子。

これは7月17日に蒔いた菜芯の芽。成長すると下のようなものになる。

出典:wikipedia

これは鷹の爪。試し採りをしたが収穫は実が赤に変化してから。

荏胡麻の繁殖は凄いよ。二株だけなのに持て余してる。しかも育苗中の苗が20本以上ある。
塩分摂りすぎるので漬物は作らないようにと思ってたけど、進呈用に作ろうか?

空心菜。葉の形が面白いね。

手前は7/17に定植したモロヘイヤ。その向こう側は紅オクラで少しずつだが成長している。

モロヘイヤは成長するとこんな感じ。

またカルシウム、カロテン、ビタミンB、ビタミンC、食物繊維などに富む緑黄色野菜の代表格で、抗酸化作用のあるクエルセチンも多く含む。全体的に栄養価が極めて高く「野菜の王様」の異名を持つ、とのこと。

出典:白ご飯.com

サツマイモのハロウィンスィートと手前がベニアズマ。収穫は夏の終わりころからかな?

これも繁殖力旺盛な大葉。もっぱらジェノベーゼソースの材料として活躍。

ツルムラサキとバジル。バジルも今日ジェノベーゼソースになる。

3株だけホームセンターで買い栽培しているアスパラガス。結構繁殖力豊か(^^)

と言いうことで今日の収穫品。シシトウの中に鷹の爪が一本紛れ込んでいる。サニーレタスはそろそろ終わりで寂しい。まあこれから葉物はどんどん収穫できるので、おひたしや炒め物で野菜を摂る。

 

会社を定年退職しても初めて会う人は当然いるので、自分の立ち場、立ち位置を説明するのに名刺が便利だ。

マイクロソフト社のOffice Wordに名刺作成テンプレートがあり、現役のころにはそれを利用してプライベートな名刺を作ってコピー用紙に印刷したことがある。

会社のパソコンではOffice365が使えたが、今はそれは使わないのでオープンソースの定番officeソフトであるLibreOfficeを利用して作ってみることに。参考としたサイトはこちら

先ずはMS Word相当のLibreOffice Writer起動。なお自分が使っているLibreOfficeのバージョンは: 5.2.6.2.

新規作成メニューに名刺があるので、これを押下。するとこんな画面に遷移する。

用紙の書式として連続を選択。製造元はdefault設定で。

次に私用タブに移り、プライベートな名刺データを投入。

最後に書式タブに移りデータを入力するのだが、なんか意味不明な項目名がずらずらと。一応下のスクショのようにデータ入れてみた。

オプションタブは無視して「新規ドキュメント」を押下してみる。すると下のような空白の新規ドキュメントが生成されたが、入力済みのデータは入っていない。なぜ?

参考としたサイトでは一応入力した名刺データの一部は埋め込まれているようだが、自分のケースではだめ。

仕方ないので再度”libreoffice 名刺”でググるとこのサイトを発見。今度は同じLibreOfficeでもImpressというソフトを使用する。

オンデマンド印刷を請け負う印刷業者が、マイクロソフト Power Point用テンプレートを同社のサイトに用意してあり、そのテンプレートをPPTではなく、LibreOffice Impressというソフトを使う方法。

横書き名刺のテンプレート(ファイル名:businesscar-yoko.ppt)を下記のように開く。

テキストの挿入メニューなどでテキストや画像挿入して好きな名刺データを作成する。

下の写真がこのimpressを利用して印刷したもの。

 

雨がやんだ。でもまだ梅雨明けではない。ニュースでは関東圏の野菜供給基地の天候不順=日照不足でキュウリやその他野菜が高騰しているそうだ。我が畑ではトマトに大きな影響。

今日は予定していた菜芯の播種とおおさや(インゲン)の支柱建て、それとモロヘイヤの定植作業。

上の藁が敷かれている畝がおおさや。その向こうが今日播種した菜芯の畝。

これは定植したモロヘイヤ。都合三か所に定植したが成長が活発だそうで、増殖し過ぎるかも。

最後は今日の収穫。キュウリは四葉(すうよう)胡瓜という品種で「緑色が濃く、ひだが深く、痛いほどのトゲがありますが、おいしさと歯切れのよさは抜群」という性格。ただなぜか曲がって育つものが多い。またイボイボが多く、これが取れるとここから腐食が始まるそうで、栽培する農家が少ないそうだ。

これ以外にトマトのアイコ、モモタロウ、ブラウンベリー、シシトウそれにツルムラサキの蔓を間引いたもの。

相変わらず梅雨の天気が続き、日照時間が短く野菜にとって良くない。何が良くないかと言うと、日照時間が短いので成長が滞るのと、湿気が多いのでカビや細菌などが発生しやすく、野菜の病気が進んだりして収穫に影響が出るため。

天候とは関係ないのだがオクラの栽培に苦労している。当初種まきから始め、定植までは順調だった。ところが畑へ定植すると成長せず、葉が枯れだし消滅という状況。原因は土壌の酸度ではない。ただ土壌が原因なのは間違いないので、本格的に原因を追究するには農協などに土壌試験をやってもらい、結果を判断する方法はある。
同じ菜園でオクラ栽培している方で、見た限り栽培に苦労している状況は見受けられない。

4株あるうち、2株は遅々としているが成長している気配もある。上の写真のものと下のオクラがそれ。

もう虫の息なのが下の写真のオクラ。

 

せっかく発芽する苗が鳥に啄まれては悲しいので、今朝は防鳥のためネット張りしてきた。空心菜、アスパラ菜、小松菜それとアマランサスが対象。

アスパラ菜と小松菜は既に発芽して双葉も大きくなっている。昨日蒔いたアマランサスも今日明日には発芽するだろう。

これは7月3日に種まいた空心菜。2か所くらい発芽できていないところもある。これは他の場所の苗を移植するのがいいだろう。

ピーマン類は成長がゆっくりだ。これらは5月末から6月頭にかけて定植したもの。やはり種からだと大変だね。なおピーマンは一株猫が踏みつけるという事件があったので、ひときわ成長が遅い。

さて最後はトマト。これは桃太郎という品種で大手種メーカーのタキイ種苗製だが、ベト病(ウイルス病)に侵され、実が腐ったもの。他の株も大なり小なりこのベト病被害が出ているが、この品種と輸入種のピラミッド、バナナレッグの被害が大きい。ピラミッドは4株あるうち今日3株を廃棄してきた。いずれにしろまだ梅雨は明けないので、トマトは夏を越しての収穫は見込めないだろう。

ここのところの梅雨らしい天気で、トマトにベト病被害が進行中のなか、今日は自宅のセルトレイで育苗していたアマランサスの定植とその種を畑に蒔いてきた。苗の定植と種まきを同じ時期にする理由は、収穫時期をずらしたいがため。本当は3段階くらいでやれば、収穫と消費が上手く回るのだけれど。

アマランサスの苗と向こうは播種したところ。

 

上の写真でははっきり分からないが、トマトへのベト病は、特にモモタロウ品種とバナナレッグ、ピラミッドそれにブラウンベリーという輸入種への被害が大きく、枯れて黒ずんだ葉を落とすとほとんど葉が残らない状態のものもある。

実をつけていてまだベト病に侵されていないものがあるので、廃棄処分まで踏み切れない。こうして他の株にも広がっていくんだろうね。

先日遅い間引きをしたキャベツ、品種はDurham Early。収穫時には、ややとがったタケノコ形になる。青虫やテントウムシダマシなどの攻撃を受けながらも、葉はかなり大きくなってきていて、もうすぐ結球が始まりそうな気配。

手前のレタスはもはや放置状態。消費が間に合いわない。その隣はアスパラガス。順調だ。

里芋も順調のようだがなんせ初めてなので、生育が遅れているのかいないのかが良く分からない。

 

上は現在まだ育苗中の苗。荏胡麻とモロヘイヤは繁殖力強いとのこと、畝は最小限にする予定。荏胡麻は一旦は定植はしないと決めていたが、矢張り定植して、採れる葉は漬物にして秋冬にいただくことにした。荏胡麻の葉は過熱しないでいただくと栄養分がたっぷり吸収できるそうだ。

未熟の小カボチャを炒め物にしていただいてみた。想定通りカボチャのあのホクホク感がなく美味しくはなかったが、栄養は繊維質をはじめとして十分充分摂れるはず。まだ6個もあるので、5個は床下収納へ移動させ、2週間後くらいからおいおい料理していく。

これは玉ねぎ丸々一個使用した特製サラダドレッシング。今回で2回目だがなかなかいける。前回はサラダ油を使用して今回はオリーブオイル。なので今回は少し出来上がりが黄色っぽくなった。レシピはこちら

菜園とは関係ないが、先日ベトナムに行ってきた際、Moc Matという香辛料を買ってきた。上の写真がそれ。

これを使い、冷凍してあった鰹のハラス肉の白ワイン炒めに使ってみた。よく素性が分からない香辛料を料理に使うのは、かみさんに言わせるとナンセンスだが、まあ男とはそういうもの。

味は何とも不思議なもので、梅干しと乾燥大豆合わせた感じ。だが梅干しの塩っからさはなく、さわやか。今回フライパンで短時間で仕上げたが、このMoc Matは酸味を利かすことができるので、何かの煮込み料理に利用するとエスニックな感じが出て良さそう。

 

 

ロングランが久しぶりに気持ちよかったので書き留める。

少しの昼寝を終え、動いてみると何か身体が軽そうな感じ。時は2時過ぎ。よし、やるよ!

いそいそと着替え、久し振りにウエストバッグにスマホと小銭を入れ、グリーンのB3で開始。気温がこの時期にしては低いので上は走友会の長袖のランシャツ。

往きは若葉台、霧が丘のアップダウンコースあるため7分台が何度か出たが、それ以外は概ね6分台。

保土谷バイパスの下を抜けるあたりから長いゆるい直線道路そして海軍道路となる。追い風と言うこともあり今日のコースではここが一番楽だった。心拍は125から135の間で、いつもならきついと感じる130越えが続いてもさほどきついという感じはしなかった。問題は上り坂だね。

今日の23kmのロングの印象からしてフルマラソンもう一度走ってみたくなりつつある(;’∀’)