「はまっこ」というJAの出店で苗を買い植えつけた2種類の白菜。品種も書き留めないで育てているが、こんなに大きくなるとは。全部で16株ほど。

とても混雑している白菜の畝。

結球が待たれる白菜の根元。今まで追肥してなかったが、今日方針を変え化成肥料を与えた。

もともとはこんなサイズだった。

9月末頃の白菜の畝。今は中耕したので黒いフィルムは撤去している。

畝幅は約65cm。2条植えしたので株間はかなり狭くなってしまい、虫さん探しが大変だ。すでに芋虫系の虫さんを2匹見つけ退治しているのだが、今日葉が荒らされた株を見てみると、前より虫食いの葉が増えている。葉の間や株元の土の中を探索するのだが今日も発見できず。ただざっと観察したかぎり他の株は荒らされた感じはない。

ヨトウムシかその類に食い荒らされた葉。抜かないでこの株をおとりとし、他の株へ移らないように、との算段。

畝はこの白菜を含めすべて防虫ネットで覆っている。

無農薬栽培ゆえ虫の害を最小限にすべくネットを張っている。

なのでこんな作業をするときは防虫ネットを剥がし、また張ることになり、これが結構腰にくる作業なのだ。

また白菜の葉丈がネットの天井まで届き、また畝の横方向に葉が詰まってしまっていてかなり窮屈。しかしまだこの時期アブラムシは繁殖、飛来する可能性あるのでネットは撤去できない。

同じように芽キャベツも葉丈が天井に届きそう。

芽キャベツ。

これもまだ防虫ネットは撤去できない。虫の被害は全くと言っていいほど無い。

苗を買って育てている菜園の芽キャベツの生育は順調。
そろそろ下葉の茎の付け根に芽が出てきたので、それら下葉の約1/3程度の刈り取りをやってきた。

教科書には手で茎を抑え、葉の根元を横に折り取ると書いてあるが、それは後でわかったことで、今日はハサミで剪定。

準備としては、張ってある防虫ネットを片側だけ剥がし反対側へ折りたたみ、その後ハサミで刈り取り。これが屈んでやる作業なので、変形性脊椎症の自分にとってはきつい。

今回化成肥料を追肥し、更に畝の土寄せを熊手でやった。

最後は剥がした防虫ネットを再び支柱に被せ、ネットの端を土で覆い隠す作業。

なお農場の入り口付近の水場の蛇口・栓が新しくなっていた。ただまだホースが備えられていない。

 

剪定した葉は持ち帰り生で食べたけど、不味くはない。何より新鮮なのが有り難いし更に無農薬。

夕飯時に久しぶりにお好み焼きを作り、この芽キャベツの葉を使ってみたが結構いけた。

 

ランの調子の悪さや疲れやすい症状がここ10日間ほど続いていて、内科の医院にも行き診察してもらった。採尿の結果、簡易尿検査では潜血、蛋白、それと糖など問題なし。翌日結果が出た血液検査の結果では二つほど問題点が出た。

その一つは血色素量。男性は13.6以上なら標準範囲内だが、自分は今回12.8.だが医師はこれが疲労感やらだるさの原因とは思えないという診断。

2か月後に再度採血して血色素量が上っていれば問題なし。上がらないならば精密検査という診断。

あと医師は指摘していなかったが、今回中性脂肪量という数値を初めて知ることになる。基準値は50-149とのことだが自分の場合37.ネットで調べると数値が低ければ低いほど良いということではなく、低い場合疲労感などが症状として出るとのこと。

更にネットで色々調べると玄米食やコーヒーなどカフェインが含まれる飲料を摂ると鉄分が失われやすいとのこと。鉄分不足は血色素量に影響する。そこでコーヒー絶ちと鉄分の多い食事+鉄材の服用を始めた。これが10月9日。

10月12日の朝のランニングでは、今まで5km手前でばてていた体調が少し回復し、6kmまで走れて、なおかつダッシュを7本こなした。少し復調の傾向。

そして今日15日。距離は15km、平均ラップタイムが6:11と好結果で練習が出来て、服用している鉄剤と食事療法が大当たり。終了時もばてたという感じはなく、かなり嬉しい気分。

この復活で、一旦は断念する予定だった10月28日開催の手賀沼エコマラソン(ハーフ)の出走を決めた。

ここのところ天気が安定していて、野菜さんたちも喜んでいる感じです。

  

気象庁の過去の天気

9月は台風やら秋雨前線やらの影響で日照時間が少なかったなか、この天気は有難い。また台風24号の強風が運んだ海水が雨となって降り、東海、関東の沿岸部の農家や鉄道などにも被害が出た。災害私の畑はこの塩害は免れたようだ。台風一過の早朝に水遣りを行ったので、意図ぜず塩水が野菜から流れ落ちたのかもしれない。

さて今日は日課の水遣りと蕪の間引き、それに虫喰いがでている大根、ラディッシュへの無農薬防虫剤の散布を。

虫食い発生の大根の葉。大規模な虫食いではないが….

生育が順調なので作業時間も短い。

隣の畑のSさんと少しお話。畑の一部が空いたので大根の種まきをしていたところ。またマルチシートが掛かっていてまだ芽が出ていない畝は蕪の種を蒔いたそうだ。S氏によると蕪も美味しいが葉はほうれん草より栄養価が高く、価値のある野菜だ、と言っていた。調べてみました。


【かぶの葉はβ-カロテンを非常にたくさん含んだ食材です。

β-タカロテンは抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。

ビタミンCも豊富

これは 風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があります。

●カルシウムやカリウムを多く含んでいます。】

出典: 旬の食材百科


その蕪の葉を間引きしてきたのでまた何か作ろう。

蕪の間引き菜

 

我が家は比較的高台に近いところに建っているので、大雨が降っても家屋への浸水とかの心配はない。
なので今まで大きな台風が来てもさほど心配はしていなかったことは事実。ところが9月から畑を借りて野菜を作り始めたので、台風や自然災害は他人事ではなくなってきた。
9月30日から翌未明にかけて関東に最接近するということで、当日夜から台風情報を流すNHKを断続的に見ていた。

©ウェザーマップ 台風24号の進路。特徴として日本列島に近づいてもすぐには勢力は弱まらないこと。

いざと言うときに畑に出向き対策するための備品、例えば雨合羽や長靴、それとヘルメットとヘッドランプなども用意してテレビを見ていた。

その夜11時過ぎころから何となく風も強くなり、しかし段々眠くなり12時過ぎには布団に入り就寝し始めた。しかし益々風強く、電線がヒューヒューと大きなうなり声をあげだし始めたので、また布団から出て窓越しに外の様子を確認。

結構強い風のため、危ないので畑の見回りはあきらめた。

その後また布団に入り、記憶では2時頃には、風の音も止んだ感じ。

目覚ましが5時過ぎに鳴ったため、眠い目をこすりながら起床。顔を洗っただけで車で畑へ向かう。途中すき家の看板が落ちていること、また小学校の脇に比較的大きな木の枝が散在していたことなどが普段の朝と違うところ。天気は台風一過で車から富士山も遠くに良く見えた。

 

畑に到着直後自分の畑やほかの人の畑見て、大きな被害がなさそうなことが分かり一安心。

芽キャベツの苗が南風にあおられてかなり傾いていたのが唯一の影響。

 

この傾きは土を盛ったり補強したりで完了。そのほか間引き、水やりなど1時間半ほど作業。

 

一寸そら豆。ほとんどの種から芽が出た

 

なかなか芽がでなかった人参のうね。ようやく少し芽吹く。

ラディッシュは順調

キャベツも成長速度は遅いが順調

8時半過ぎに撤収した。暑かったので持参した麦茶はほぼ飲み干した。

ほかの人で作業していたのは一人だけ。70歳過ぎの農薬使用者である。