containerを利用しdocker hubにアップされているイメージを使用することで、ごく僅かなコマンド操作でサーバに導入できますね。

このdockerにサーバを導入するメリットは例えばVPS(仮想サーバーレンタル会社)やクラウド環境を変えた際に最初から環境を構築することなくサーバの移設が簡単にできることだそうです。実際試してはいませんが…..

確かに自分の場合もServermanVPSからConohaに移設した際は手作業でやり、手こずった記憶がある。

参考サイト:https://academy.gmocloud.com/advance/20160118/1557

導入マシン: VMWare社のvSphere6 hypervisor上に造られたCentos7の仮想マシン。

先ずはwordpressイメージの検索

$ sudo docker search wordpress

次にそのイメージのダウンロード。このケースでは公式のイメージを選択。

$ sudo docker pull wordpress

なお公式イメージにはApacheとphpが含まれている。
今度はMySQLのイメージのダウンロード

$ sudo docker pull mysql:5.7

WordPressのコンテナにはDBが含まれていないため、事前にコンテナを設定しておく必要がある。

MySQLのコンテナーの作成

$ sudo docker run --name wordpressdb -e MYSQL_ROOT_PASSWORD=hogehoge -e MYSQL_DATABASE=wordpress -d mysql:5.7

-e オプションを指定することで、環境変数を設定することができる。これによりWordPress用のDBとパスワードを指定可能。

次にWordPressのコンテナを作成し、WordPress用のコンテナを起動する。

$ sudo docker run -p 80:80 -e WORDPRESS_DB_PASSWORD=hogehoge -d --name wordpress --link wordpressdb:mysql wordpress

–link オプションでMySQLのコンテナ接続を、-e オプションでDBのパスワードを設定しておく。

ブラウザからWordPressのURLにアクセスします。
http://[グローバルIP]:[ポート番号]/

導入直後の画面


なおnginxをweb serverとして使用しcontainerでwordpressを導入する場合、以下のサイトが参考となります。
https://hub.docker.com/r/tlongren/docker-wordpress-nginx-ssh/

ここで導入されるLinuxはUbuntu Trusty Tahr 14.04 LTS。

 

ご覧のようなアップダウンのある3kmコースを1月7日に久しぶりに走った。目標は6周だったが4周で修了。6周は次回のお楽しみに。

[map style=”width: auto; height:400px; margin:20px 0px 20px 0px; border: 1px solid black;” gpx=”https://www.run-the-earth.com/wp-content/uploads/20170107083651.gpx”]