ここではWordpressのプラグインであるWPB2D (サイトhttp://wpb2d.com/)にてDropBoxに退避させたデータをどうやって自分のサイトに復元するのかの一つの方法を説明します。

条件:
1)VPS業者などのレンタルサーバー(非共有サーバー)でサイトを運用している方
2)phpMyadminが導入済みであること

復元方法
1)事前にDropBox内のwp-contentフォールダ内にあるuploadsフォールダは自分のパソコンにダウンロードしておく。
>

2)ダウンロードしたuploadsフォールダはftp転送ソフトなどを使用して自サイトのwordpressの所定のフォールダ(wp-content)内に転送しておく。

3)Dropboxからデータベースのバックアップデータを自分のパソコンにダウンロード

ダウロードするフォールダは下の図にあるようにbackups。ダウンロードが完了するとbakupsというフォールダが作られるのでその中の二つのsqlファイルを使いデータを復元する。

2)phpMyAdminの起動

phpMyAdminを起動する。

起動したら処理を行うデータベースのwordpressを選択する。すると下記の画面になる。

下の画面の上部にあるインポートというボタンを押す。

ボタンを押すとファイル選択画面になるのでそこで復元する拡張子sqlのファイルの一つを選択する。

復元するファイルを確定したら実行ボタンを押す。

データがインポートされその結果がphpMyAdmin上に表示されます。
復元するデータと稼働中のwordpressのデータのテーブルが競合すると画面下部にその旨表示されます。
その場合は以下の図にあるように稼働中のwordpressのダブっているテーブルをphpMyAdmin上で削除していきます。

但しphpMyAdminはダブっているテーブルをまとめて示してはくれず、一個一個消していってはインポートを試し、テーブルの重複がなくなるまでインポート⇒削除を繰り返していきます。
自分の場合は無事重複データの削除がなくなり、インポートが成功した旨のメッセージがでました。

次はもう一つあるplugins関連のデータの復元を試みます。方法は上と同じでテーブルの重複がなくなるまで作業します。

それらの作業を終えwordpressにログインしなおしてみて写真データの幾つかが復元に失敗していることも分かりました。復元時ないしバックアップ時に何らかのエラーがあり欠損したものでしょう。

友人が企画してくれたランニングの練習会に参加してきました。
代々木公園の木陰でやったのですが梅雨明けで34-5度という高温のなか参加者は真剣にレッスンを受けました。

1052676_515540805168566_453406606_o