本日(2011/10/30)の行動は事前の段取り通りに進んだ。5時半頃起床。起床直後に大きい方の用が足せた。6時過ぎに家を出発。横浜駅で6時半頃の大宮行きの電車に乗り換え。上野駅に7時過ぎに到着。柏駅には8時10分ころ到着し歩いて会場まで。体育館で本日2回目の用足し。もう大腸には何も残っていないくらいの軽さでいいこと有りそうな予感も(^^)

到着し着替えてからの荷物預かりの列が長い!それでも9時過ぎには無事貴重品を預けアップ開始。9時40分ころに整列。後ろからの日差しが結構暑く、レース中の気温上がりそうと予想。(結果的にはかなり快適なレースコンディションだった)

さて10時に号砲が鳴り約3分弱でスタートライン通過。最初の1kmが5’21くらいでそんなにきつくない。しかし最近こんな速いペースで練習していないことを思い出し少しペースダウン。このスピードは多分貯めたグリコーゲンが貢献したものと推測。5kmは28’02。この辺までは楽しいレースだった。

この後6kmくらいから体がきつくなり、低血圧症(虚血)状態の時に出現する肩の摩擦感(肩凝り感)が出始めた。こりゃこのままのペースで行くと最後まで持たないと判断してさらにペースダウン。結局10km通過は1’00’06と完全なジョグペース。5-10kmは32分掛かった。ところがここまで落としても虚血感は全然収まらず悪化の一方。もうレースやめたくなったが歩くような速度ならなんとか継続できそうと気を取り直す。10-15kmは34’04。

だんだん虚血症がひどくなり立ち止まったり歩きが増えてきた。虚血なので立ち止まって頭を心臓より低く倒すとだいぶ症状は改善するが、それでも300mくらいでまた元の木阿弥。

そんな感じの立止り・頭を垂れる・再開、止まり・垂れる・再開 を繰り返しつつ、15-20kmのペースはついに40’46。昨日のスロージョグと同じペースになってしまった。最後の1.1kmは7’52掛かりトータルネットタイムで2’22’50’76と生涯で一番遅いハーフのレースとなった。途中本当に苦しかったが仲間がこの苦しい・楽しい時間を共有していることを思い、諦めることなくゴールしたことは誇れはしないが、満足できた。
今シーズンはペースランの練習全然していないので、本番の12月の横浜マラソンまでにせいぜい大池公園で5km、10km、15kmを5’30や5’00で走り通せる練習をやろうと思う。
今日の結果は心臓の能力が大きく左右していて、練習でも筋肉ほどは強化できないと思う。なのでペースランの練習は継続しつつ、レースでは今までと同じように途中心拍が止まらない程度のペースで走ろうと思っています。(^^;)

11月6日に行う予定の「なんちゃってトレイルラン」@鶴巻温泉 試走してきた。予想最高気温が27度と高かったですね。でもウエアは下は長袖のシャツ。その上に半袖のランシャツ。下はCW-Xその上にランパンというウエアでした。

装備は駅で買ったおにぎり1個、カレーパン1個、グアムで買ったshot bloks,energy chews 2本、これは結局2ブロック食べただけ。水500cc、ポカリ500cc、帽子、レインウエア(上のみ)小さなタオル2枚、ウエイストバッグ(カメラ、タオルなどを入れた)、代えパンツ、代えソックス、トレランシューズ。

リュックはLSD用のasicsの小型のバックパック。

上の写真は起点となった小田急小田原線の鶴巻温泉駅の構内のロッカー。このロッカーに着替えなどを預けておいた。

吾妻山方面への上りの入り口。東名高速のガードを超え、下の写真の通り道路を渡ったところにシイタケ直売所があり、その脇の上りの小道を通り抜けます。

最初の頃は長袖シャツ脱ごうかどうしようかと思うくらいの暑さ。汗も結構タオルでぬぐいました。で結局面倒くさくなり長袖は最後まで脱がなかった。標高400m以降は風も出て気温も若干下がり汗もさほどかかなくなりましたね。

下は吾妻山、標高300mくらい。

下の写真の高取山まで2時間掛かって到着。

給水して再スタート。途中大きなバスも通りそうな道路を横切り目指す浅間山方面へ。12時過ぎたので持参のおにぎり1個とカレーパンを食べた。この辺が浅間山かな?と思い、またスタートから3時間経過で、帰りも上り坂はあるのでここで折り返し。あとでわかったがここは浅間山ではなかったです。

前回やったトレイルは青梅の雷電山往復だが、今回のコースは前回より勾配がきつい所が多く登山の様相。

もちろんゆるい上り坂やフラットな道路もあるが全般的に急坂が多い。登山者はさほど多くなく見た限り10人前後。トレランしていた人もそれくらいでしたね。

山の中なので直射日光はほとんど当たらず、日焼けは免れた感じです。

紅葉はまだほとんど始まっていず、11月6日は紅葉真っ最中のころではないかと思われます。

途中、食べ物の補給もあの程度だったので高取山往復の15km位、標高600mくらいのトレイルでは体力の消耗はさほど激しくなく、ビールがちょうど美味しいくらいの負荷だったようです。往きが2時間かかった高取山は下りは54分でした。

僕のハーフの最近の記録は120分前後。このくらいの体力でこの試走が比較的楽に出来たので、大部分の朝ランクラブのメンバーさんは1.5時間くらいで登れてもおかしくないですね。

今日は打ち上げはささやかに地元のインド料理屋でやりました。安くて美味しかったですよ(^^)

自動車業界で長年仕事しているが、今回久しぶりにヨーロッパの出張の機会を作ってもらった。

組み付けで新規のアイテムがあり、日本のメーカーさんが品質検査を行いたいということで当社に申し出があり、当社は私と私の上司の2名、メーカーさんは3名で出張。

成田-東京は12時間のフライトで予定通りヒースロー空港に到着。空港から車でレンタカー会社まで10分くらいかけていき、写真のVolvoのミニバンをレンタル.

純正(?)のナビをセットして、ホテルまで1.5時間くらいかけてこれも無事到着。


目的地まで約120kmくらいだが、道路から見る景色は牧場だけでとても単調です。それでも途中ヘアアンドハウンドをやれそうな丘は沢山あった。下の写真は夕方6時15分くらいに撮影。日暮れの時間は6:30でした。これなら夕方も5:30ころから走れそうだ。

ホテルでは現地ホストの担当が待っていてくれて、ホテル内のbarでビールの後夕食。
明日は8時朝食なので、起きれればその前に1時間位走る予定。

レンタカーの時間含めて15時間以上かけての移動は、坐骨神経痛もちの身にはかなり応えたが、しっかりビールとワインは頂いた。