Ubuntuへのapacheの導入はとりあえず後回しにして、今日は午後からOpenSUSEへのWeb Serverの導入、それとWordPressの導入にトライ中。ApacheはOpenSUSEを導入した際に同時に導入していた。同じくMySQLサーバーも導入していた。
Webサーバーの設定は、Ubuntuと同じように設定ファイルが少し分散していて、httpd.confだけの修正では事足りない。やはり慣れているFedora系のサーバー設定と違い、楽ではない。htmlで書いたテストページを/srv/www/htdocsに置きアクセスすると、この表示は問題なくOK.詰まりweb serverは稼働している。
MysqlでのWordpress用データベース作成とユーザー作成もすんなり行かなかった。まずルートユーザーのパスワード作成がFedoraの時のように素直にはできない。このため一旦導入されたMysqlは削除、再度導入でmysql -u -rootでmysqlへログインして、新ためてルートのパスワードを設定したらOKとなった。このあとWordpress用のデータも作成して、いよいよhttp://localhost/wordpress/でWordpressの設定に入ってみたが、index.phpがうまく動作せず、プログラムで開くか、ファイルを保存するか?といった想定外の動作となってしまう。プログラムで開こうとするとこの様なエラー:
選択されたプログラム (“(null)”) が見つかりません。ファイル名を確認するか、他のプログラムを選択してください。
ネットで検索しているが対応策がなかなか出てこない。PHP5のcore fileやPHP-Mysqlなども一通り入っていることは確認しているのだが。ということはweb serverの設定がうまくできていない可能性が残っている。

予定では稲村ヶ崎までの25kmくらいだったが10km手前から早左膝痛が出てしまい、今日は20kmで終了。
鶴ヶ岡八幡宮

本日の昼食は鎌倉駅前の和民でお刺身定食

朝練習場の大池へ向かう途中のJAの直売所で蕪とほうれん草を調達。@100円、安いでしょ!その蕪で今日はスパゲッティペペロンティーノをお昼に作る。今回蕪はスライスではなく、以前フランス在住で日本の食材をパリで提供している日本人のTV番組で、日本の蕪はキューブも美味しいと、超有名なフランス料理シェフにアドバイスしていたのを思い出し、キューブでやってみた。結果はスライスが良いと思います(^-^;)
なぜかというとキューブにすると蕪の本来の淡白さが前面に出てしまい、オリーブオイルないしバター風味と対立してしまうため。
一方ワインは実家から調達したスペインのシャルドネ2005。まだ炭酸が残っていた。

練習は昨日の疲労のせいか途中左膝の痛みが3kmくらいで出たので、今日は5kmで終了。

昨日は大掃除を半日以上掛けてやり、無事自分の分担は終了。いよいよ今日から全くのフリータイム。ということで今日は40km走を敢行。まあまあ調子良かったです。それと気象条件もとても良かった。くたくたになり終了したけど、満足感200%です。画像は30km付近の旧横浜ドリームランドのホテルです。

走ったコースです。

Fedora9のVMware上に作った仮想マシンUbuntu8.04 serverにVMWare Server2を導入するため、VMware server2.0の導入ファイルはFedora用のrpm形式ではなく.tar.gzをダウンロード。
解凍後vmware-install.plを実行すると途中vmware-config.plを実行するか聞いてくる。yesで答え進めるとgccのバージョン4.2.4で導入しようとしているが、あなたのカーネルはgcc4.2.3で作られているので、どうするかと聞いてくる。noで答えると当然導入は中止。ネットで探してそのままyesで進めても問題はなさそうなのでyesで進めた。次はc headerファイルの場所の指定。
What is the location of the directory of C header files that match your running
kernel? [/usr/src/linux/include]とdefaultで表示されるパスで進めると導入が進まない。ネットで検索してみたら、c headerは導入されていない可能性が高く、apt-get install linux-headers-`uname -r`というコマンドでheaderを導入して、vmware-install.plで導入を再開したらようやく導入が終了してWeb Accessが起動した。しかし下のようなエラーが出て仮想マシンの導入が進まない。

エラーの詳細は;You may not power on a virtual machine in a virtual machine. 直訳すると仮想マシンの中で仮想マシンは起動できないよ!とのこと。以前ネットで成功したというサイトがあったような気がしたが・・・・取り合えず物理マシンをUbuntu8.04 serverとしてVMware server2.0を導入する際のポイントは判った。

rubyや RORは取り合えず置いといて…
PHPの勉強をしてみたくなった。Nekoさんの影響もある。以前 7-8年前Linuxを触り始めたころ、やはりPHPを勉強すべくマニュアルを会社のプリンターで印刷して3日くらいはまあまあ電車の中などで読んでいたはず。内容がHyperでちょっと僕には無理かな〜なんて、掲示板に書いた記憶がある。Pukiwikiを会社で導入してOpenOfficeの普及サイトとして運用を開始したが、PHPで書かれているのがpukiwikiなので、カスタマイズするのにも多少はPHPを知らないとままならない。

12月6日にFedora10からFedora9に変更したばかりだが、勉強の意味もありOpenSuSEかUbuntu8.04ないし8.10に変更するかも知れないです。まずは前回やらずに大失敗をしたWordpressのデータのバックアップはWordpressのバックアッププラグインを導入済み。これで毎日定時バックアップがとれる。Ubuntu8.04サーバーはサポートが2013年の4月まで行われるのでその部分はとても魅力的。ユーザーも増えているので情報量はかなり多いはず。一方OpenSuSEもだんだんシェアをアップさせているとのことだが、まだFedoraやCentOSほどではないだろう。本当はCentOSが一番良いのだろうが一回導入につまづいてしまっているので、二の足。

今日は年一回の横浜旭走友会の記録会。


僕は調子が悪く走るのは止めようかとも思っていたが、今日は速い組と遅い組二組を作ってくれたので遅い方で走ってみた。結果はやっぱりダメで4’38 – 4’44 – 4’55 – 5’06 – 5’05 = 24’30で終わった。

余り行かないのだが今週接待でビアバーに行きベルギーのビールを飲んできた。総じてアルコール度数が高いものが多い中、最初に飲んだホワイトが酸味も少しあり、美味しかった。

以前はこのXenで仮想マシンを作って遊んでいたのだが、ここ1年くらいはVMware Server1.0, 2.0に乗り換えていた。先日グループウエアを導入した際VMwareのWebaccessコンソールとGroupwareで使用するtomcatのポートが重なりままアプリに異常をきたすケースがあった。それと昨日のInfoTalkでのお話もあり、Xen(kvm)で仮想マシンのOpenSuSEを今導入している途中。

今日の練習は出だしのコンディションはかなりいいな〜と言う感じで始めたが、10km過ぎてから調子はダメということが分かった。
下は中原街道を境川に入ったところ。

10kmくらいの地点

12-3km付近の給水所。遠くには既に閉鎖されている横浜ドリームランドのホテルの建物が見える。

藤沢病院。約19km地点

本日のゴール、小田急藤沢本町。本当はここは折り返しになるはずだったが調子が悪く本日は20kmで終了。

今日の練習は出だしのコンディションはかなりいいな〜と言う感じで始めたが、10km過ぎてから調子はダメということが分かった。

下は中原街道を境川に入ったところ。

10kmくらいの地点

12-3km付近の給水所。遠くには既に閉鎖されている横浜ドリームランドのホテルの建物が見える。

藤沢病院。約19km地点

本日のゴール、小田急藤沢本町。本当はここは折り返しになるはずだったが調子が悪く本日は20kmで終了。

今日は東大井にある産業技術大学院大学でInfoTalkセミナーに参加しました。開始は7時から。

お題目は二つで、仮想化戦国時代とデータの表現方法。前半の講師はNTTの高田哲生さん。
後半の講師はインフォテリアCTOの北原淑行さんでした。
前半は普段使っている仮想化ソフトのお話。
知らない事実が結構あったし、講師の知らないことも質問してしまった。

今まではXENやKVMは仮想化のターゲットから外れていたが、もう一度試してみる価値がありそう。セミナーの後の懇親会も名刺交換を:

産業技術大学院大学 教授小山さん、同准教授 加藤由花さん、NTT OSSセンター高田哲生さん、infoteria CTO 北原淑行さん、それとTlecのお仲間のねこさんともお会いできてよかったです。