雨が降っても毎日菜園へ行ってるのだが、特に今の時期は野菜達の成長が早いので一日2回行くこともある。なんとも暇なおっさん~

先週は久しぶりに会議が2回もあり、会社での会議を思い出しつい力が入ることも。それで疲れて帰ってくる。でも菜園で育っていく野菜達を眺めたり触るととても癒されるわけです。ついつい長居をしてしまうこともありますよ。と言うことで雨の中きょうも朝夕出かけてきた。

オクラですよ!これ大好き。なんてったってレシピが色々あるし、美味しい。
コールラビは先日一個試し採りしているが、その後も日照時間のわりには順調だ。
トマトのアイコの収穫期も近づいてきた。中玉トマトの麗華はまだダメ
これはモロヘイヤ。「若葉を食用とし、刻んだりゆでたりするとツルムラサキ同様、ムチンによる特有の粘りを呈する。 カルシウムカロテンビタミンBビタミンC食物繊維などに富む緑黄色野菜の代表格で、抗酸化作用のあるクエルセチンも多く含む。全体的に栄養価が極めて高く「野菜の王様」の異名を持つ。またACE阻害活性のある物質を含有しているため、高血圧の抑制に効果があるとする研究がある」 - wikipedia
空心菜。これももうすぐ収穫可能。急速に成長していて、もうすぐこの場所がうっそうとなる(笑)
からし菜。これも後10日くらいで収穫する。
この根が見えているかぼちゃの蔓は空いている隣の区画の方へ伸ばしていた。今朝行ってみると引き抜かれ私の区画にの中に戻ってきていた。たぶん地主さんがそうしたのであろう💦

ということで来週辺りは収穫祭りが出来そうな感じでワクワクだね。

ゴーヤは菜園では初めて作るのだが、これ自家採種した種を蒔いたもの。冷蔵庫で保管していたが果たして発芽するか否か?

ゴーヤの畝にネットを張った。
カリフラワー、コールラビ、スイスチャード、オクラ、玉レタスの畝に防虫ネットを。

育苗棚の様子

なかなか10km超えのランが出来ないなか、重い腰を上げてやってきた。

緑園都市を超えて平蔵橋方面から別れ、戸塚方面に向かう道路。
阿久和川添いの遊歩道。時節柄マスクは必須。
戸塚料金所あたりの公園で給水
名瀬道路。
名瀬川添いの遊歩道
何とかキロ7分を切るペースで終えた。

沼津の美味しい魚を頂くのと、釣りでもやろうと思い車で一泊二日の旅行に出かけてきた。

沼津市場の中の食堂で頂いたお刺身定食。久しぶりに桜エビの生を頂いた。

昼食の後漁港で釣りしようと出かけたが、釣り人は沢山いれどほとんど釣れている様子がなく、ここを引き上げる。

ネットで沼津観光をチェックし三島大社が近いことが分かり行ってみた。

この神社は想像以上に大きく、また桜が奇麗で来てよかった。

三島大社の後は柿田川湧水群という観光スポットへ。

ぐっすりお眠りのキジトラちゃん

この後はホテルにチェックインしジョギングへ。

結局久し振りに10km走れた。ホテルでシャワーを浴びたあと近くの居酒屋で一人お疲れ会を。

今回首都圏では不要不急の外出自粛という状況での旅行は少し後ろめたさがあったが、何よりジョギングで距離を稼げたのが良かった。次の旅行は秋か?

ベトナムのホーチミンへ観光旅行へ出かけ方ため、菜園は6日振りとなった。

この写真は3月14日のもの。みぞれが降る冷たい天気の中出かけてみると、やはり菜の花畑状態。からし菜だけはまだ食べられそう。

と言うことで今日はこれらの始末に出かけてきた。天気は上々。

今シーズンは自然農法に近い運用を行う予定なので、刈り取った野菜の残渣は細かく刻みそのまま畝に放置し、バクテリアに食べてもらう算段。

もう実をつけたスナップエンドウ。

ジャガイモ第一弾のインカの目覚めが目覚めたようだ。

生き残ったひよこ豆は6株でその後の成長は順調のようだ。

今日の収穫はからし菜と芽キャベツ。からし菜は全部キムチ漬けを作ろうと思う。


12月15日 ハーフマラソンのスタートは朝7時。起床は5時前。レースの準備は前日にほぼ終えているため、朝は朝食のおにぎりや水をコンビニで買うだけ。6時前だがコンビニは開店している。

MRTは始発電車。車内はレース参加者でほぼ満杯。市政府前駅で下車し歩いて10分くらいの広場へ。

まだ暗闇だが、会場だけは明々と照明に照らされている。

コンビニで買ったおにぎり二個とジェリー状の流動食を食べ、隣に座っている台湾人ランナーと少し歓談。そうこうしているうちに整列が始まった。天気予報によると気温は朝は20℃くらい。晴れると27℃くらいまで上がるらしい。

参加者が1万人を超えているので、広い道路なのだがレース開始後は幅が狭く感じる混雑ぶり。こんな混雑が10km近くまで続く。

下の写真は圓山ホテルを正面に見る道路だが、ここが最初の登り。でも大した勾配ではない。体調が良いせいもあるだろう。 全般的にアップダウンは少なく、19km、20kmあたりに橋と地下道を抜ける際の坂がある。最後の坂は流石に少しぜえぜえして通り抜けた。

途中の水分補給と体への水かけは入念にやったせいか、暑さを余り感じることなく終了できた。とくに7-18kmあたりは何となくランニングハイっぽい気分。こんなハーフのレースも珍しい。

記念写真をスポンサーがとってくれるということで、列に並んだがこれが結構時間を浪費。しかもポーズがダメで何のために並んだのかわからない(^^; 上の写真はボランティアの女性が撮ってくれたもの。

下の写真は日本のレースではまずお目に掛かれない足のクーリングサービス。都合20分くらい浸かってた。

正式タイム。このレースの前に今年3月に立川ハーフを走っているがその時が 2:38’18 。なのでそれより20分弱良いタイム🎵

レース会場を後にしたのが11時過ぎ。宿に帰りシャワーを浴びてから祝杯のため町に繰り出す。Google Mapの情報を頼りに華山1914文創園区のカフェに入店。

ビールを3本頂いた後メインのお肉とパスタ料理を。

とても良い気分で食事を終え、晴天の町中を少し散歩しながら宿に帰った。

夕飯はお昼の量が多かったので 炸醤麺 を温州料理屋でいただいた。これをもって台湾でのグルメは終了。

翌日の帰国の便が朝早いので、9時には床について寝入った。

マラソンレースの結果が良かったせいか、そして天候に恵まれたせいか今回の旅行は本当に楽しめた。

バスやMRTで何の不自由もなく移動できたり、町にはコンビニ、カフェ、食堂、レストランなど生活のベースもしっかりしている。唯一猫空だけが下調べ不十分につき、躓いたがこれ以外は満点。

2020年もこのレースを走りたい。

さて今日も色々観光で楽しく過ごすぞ!! というはずが….

先ずは台北動物園へ電車で。乗り換えは一回。時間にして約50分くらいか。

動物園駅に到着すると歩いて3-4分で動物園の入口へ到着。

入場券レシート。入場料は200円くらい。

これはジャイアントパンダと熱帯雨林館への入場整理券。

パンダは何頭いるのか知らなかったが、入場中は一頭だけしか見れなかった。

結局動物園では1時間ちょっと滞在して退散。余り興味がないのが動物園だということを再発見orz

さて動物園を後にして一路猫空へ徒歩で向かう。Googleによれば動物園駅から約1時間で到着するはず。ほとんどの観光客はケーブルカーの動物園駅から写真のケーブルカーに乗り現地へ行く中、ハイキング好きの自分としてはそれには乗りたくないのだ。

道中猫空へのケーブルカーを眺めながら足を進める。

車が通れる道がなくなるころ、猫空方面を含む道案内の標識と思しき看板に遭遇。中国語は良く分からなかったが、自分にはGoogle Mapが付いてるさ。

道中勾配がきつくなると同時に道幅もどんどん狭くなる。おまけに草などの踏み跡が段々なくなっていくではないか? そうか、このハイキングコースを通る地元の方は少ないんだなあ、なんて前向きに考え登っていく。

そうこうしているうちに地元の方が急こう配の畑で作業をしているのに遭遇。でその男性が盛んに何か話しかけてくる。もちろん中国語で意味は不明だが、ジェスチャーでこの先道はないよ!と言ってるらしいことは分かった。これ以外に猫空にいく道はないのかと聞きたかったのだが、用意していた翻訳ソフトは余り役に立たず。

色々Google Mapを操ってみたが、最終的には出発地点に近い駅へ戻ることに。このトラブルで約1.5時間を浪費してしまったが、遭難してしまうよりは良かったということにしておく。

下の写真はケーブルカーの中。猫空までは結構長い時間乗ることに。20分くらいだろうか?

到着したが何か想像とは違い、山の中に掘っ立て小屋が点在という村だ。まあ、観光客が結構くるので何かあるのだろうと想像。で結局裏切られることになるのだが。

一応ここに来たからにはお点前はやってもらおうと、茶屋に入ったみたが….お値段高く、また儀式と言うかお点前というにはほど遠い。残った鉄観音茶の茶葉は持ち帰り、家で飲んでみたが結構おいしかったのが救い。

お茶と共にチャーハンをいただき、ここも滞在1時間くらいで退散。戻りもケーブルカーで。

宿に帰り少しくつろいでから、明日台北マラソンのフルを走るゆきえさん、そのご友人と夕食の待ち合わせを欣葉でしているので、7時前に宿を出る。

到着するとお店の前は席を待っているお客さんが道路まで溢れている混雑ぶり。様子から日本人が多い。

結局8時前にようやく席に着くことができ、下の写真のような料理をいただいた。最初の写真は台湾名物のシジミのニンニク醤油漬け。もう20年くらいは食べていなかったスターター。料理は大部分ゆきえさんとご友人に注文してもらった。

写真にあるもの以外にも何品か頼んでいる。最後に頼んだ杏仁豆腐が、日本でよく食べるそれとはかなり違い、美味しかった。ゼラチンを余り効かせていない仕立ての杏仁豆腐だった。

店内で写真を撮り忘れていたので、最寄りの駅前でツーショット。お店の手配など有難うございました。

9月にあるウラジオストクマラソンにするか、台北マラソンにするか少し迷っていた。直行便で成田からウラジオストクへは2.5時間くらい。一方の台北は往きは3.5時間くらいとどちらも近い。ロシアへはその昔トランジットの便が遅れたため、モスクワで一泊して市内観光をやったことがある。もう30年くらい前のこと。

食べ物に期待がかなりできる台北にしようと大会の参加申し込みをしたところ、下記のようなメールが届き当選が確定。

これで正式にツアーの計画が立てられるようになった。前回のハノイツアーと同じく格安航空会社利用だ。 後日知ったのだが、定員2万人のハーフマラソンへ申し込んで走った人は今回は1.5万人くらい。申し込めば確実に当選するのが実情みたい。

今回利用したのはLCCのスクート
運よく座席はドアの近くで足が延ばせる好位置を予約できた。しかも隣に乗客がいないという好運。
関西国際空港でしょう、多分
定刻より若干早く到着。ターミナルからイミグレーションを抜けるのに多分1時間くらいかかった。それくらい到着客が多いピーク時に入国したようだ。
台北駅での乗り換え。なんか大阪駅と言う雰囲気も感じる。
これは今回AirB&Bを通じて予約した宿。コンドミニアムだ。ホストは35-40歳くらいの浅野ゆう子似の方だった。

荷ほどきをして、少し落ち着いてから日課のジョギングのため退室。近くに公園があり走ってみると400mくらいのコースも設定されていた。そこで4kmほど走った。3-4人のランナーをここで見た。
公園でのジョギングの帰りに宿の近くに良さげなピッザレストランを見つけ、夕食はここと決め宿に帰る。
色々メニューあったがピッザだと蛋白質が余り摂れなさそうなので、フィッシュアンドチプスを注文。これが結構ボリュームあったが、お酒の力を借りるまでもなく完食。ビールは2杯いただく。
ピッザレストランで十分頂いたはずだが、なぜかB級グルメ店で酸辣湯麵を食べることに。ビールの後のせいか味がとても薄く感じる。また酸味は期待していたほどは感じなかった。
更にその後宿の近くに良さげな喫茶店があったので入り、メニューからアフリカンというコーヒーを注文。確か300元近くした。お味は酸味がとても強くかなり印象に残る。雑味は感じられず美味しい部類。

いつもはだいたいランニングは一人でやるか、近くの公園に行き仲間と走っている。今回は忘年にかこつけた練習会と飲み会を横浜市中心部でやってきた。

事前に2時間くらい要するランニングコースを作って、そのルートで開始。集合は当初JR石川町駅としていたが、使用するお風呂が入浴条件で最大2時間くらいロッカーで荷物を無料で預かることが分かり、急遽恵びす温泉に変更した。これでロッカー代が節約!

定刻の2時40分に開始。飛び入りで右端の恭子ちゃんが参加してくれて盛り上がった。
港が見える丘公園で少しの観光と記念写真。
山下公園に入ったころか?親方さん
赤レンガ倉庫にあるクリスマスツリー。楽しいのでここで結構時間を使ってしまい、距離を端折るはめに(^^;
モエシャンドンのシャンパンツリー?
ランニング終了直前の中華街
このお風呂で着替え、荷物預かり、入浴を行った。とても助かる。
関帝廟前。夜は一段と豪華にみえる。

本来は日曜日に開催予定だったこの練習会。天気予報が良くなかったため急遽土曜日に変更。ご都合がつかなくなり、不参加となった方々には申し訳ないことをした。

この変更のため、ランニングでは汗をかくくらいの天気(でも曇天)に恵まれ、快適だった。

こんな企画に賛同して走ってくれる仲間たちにいつも感謝。ランと飲み会セットは堪らない(^^;

ロングランが久しぶりに気持ちよかったので書き留める。

少しの昼寝を終え、動いてみると何か身体が軽そうな感じ。時は2時過ぎ。よし、やるよ!

いそいそと着替え、久し振りにウエストバッグにスマホと小銭を入れ、グリーンのB3で開始。気温がこの時期にしては低いので上は走友会の長袖のランシャツ。

往きは若葉台、霧が丘のアップダウンコースあるため7分台が何度か出たが、それ以外は概ね6分台。

保土谷バイパスの下を抜けるあたりから長いゆるい直線道路そして海軍道路となる。追い風と言うこともあり今日のコースではここが一番楽だった。心拍は125から135の間で、いつもならきついと感じる130越えが続いてもさほどきついという感じはしなかった。問題は上り坂だね。

今日の23kmのロングの印象からしてフルマラソンもう一度走ってみたくなりつつある(;’∀’)

 

中学校卒業生の同窓会が越後湯沢であり参加してきた。地元に残っている方々が同窓会の企画を作ってくれている。感謝感謝。

なお今回お酒自粛中なので炭酸水、ウーロン茶でしのいだ。お酒を飲まない宴会に徐々に慣れてきた感じ。

6月26日の朝はホテルを8時過ぎにチェックアウトしロープウエイ乗り場に8時半ころ到着。
チケット買おうとしたところ、ロープウエイ終点から指定されたコースへ行く場合は片道切符販売するが、それ以外(私のようなルート)を行く場合は2000円の往復切符しか販売できないとのこと。かなりオカシイ規則。

まあそんなこんなで予定の8:40分発の始発には乗れず、9時の便に乗った次第。

天気予報が当たり、前日の雷雨から晴天になりラッキー! コースはコンクリートでほとんど舗装されていて安全。くまさんが現れても何とか走って逃げられる感じ。
途中山ぶどう、ウド、笹竹、それと名前の知らないお花など自然を満喫できて、計画してつくずく良かったと思う。

17kmのマラニックを終えてから実家へ移動。着いた早々近くの魚野川まで散歩。

また6月26日は4時半に起き、早朝ジョギング。色々と楽しみ満載な二泊三日の小旅行だった。

昨年12月の走行距離は70kmにも満たなかったが、今月はそれを反省して頑張っている。

フルマラソンのレースを控えているわけでもないのだが、今月はモチベーション高く結構走り込んでいる。タイムの方は相変わらずキロ7分前後とちんたら走りだが、たまに調子の良い時もあり、やはり継続して走ることが大事だと実感。月に2-3回インターバルなどのスピード練習を入れ込んでいけば、もう少しタイムも良くなるはずなのでそれも組み込んでいきたい。

今年もお誘いいただいてRestart主催者の石川さんのご近所練に参加してきた。

思い起こせばRestartさんとの付き合いは約10年くらい前に、済美グラウンドでのイベントに行ってからのもの。その時は親しくさせていただいてた多摩サブさんとRestartさんとの合同練習会。以来Restartさんの無料企画を中心に参加させていただいている。

このメンバーは当日6:30で走るグループ

ここ小山内裏公園のコースは往復6kmのコースが取れるが結構アップダウンがある。

2往復の予定だったが思いのほかばてて、10㎞ちょっとで終了。

終了後お風呂に入りその後は宴会。これが私のメインイベント

2時間楽しく飲み食いさせていただいた。

今年も足立フレンドリーマラソンに参加してきた。
過去2回連続でDNFしているこの大会。今回も練習不足できついレースだったので11km付近でリタイヤも横切ったが持ちこたえ、なんとか去年一昨年の雪辱果たす。

予定では7分半前後で終始ペースを刻むはずだったがやはり出だしはスピードが落とせない。15kmくらいから歩きが入ってきたが、何とか完走。

毎年この参加賞が楽しみで参加している。

11km付近。

 

 

なお来年はスタートゴールが荒川左岸になり新しいコースにするようだ。10回の記念大会となるそうだ。

来年はもっと練習し、このコースベストの2時間11分以内を目指したい。

前回のレースは10月28日の手賀沼エコマラソン、距離ハーフ(21.2km)。体調の割に6-7kmくらいまで6分/kmちょいで走ってしまったので、後半は地獄だった。

このレースを反省して今回は前半7分/kmくらいで走り、後半体力残っていたら少し上げるというレースプランだった。

実際走ると開始直後はテンションも上がっているせいかキロ7では走れず、6:17~6:45くらいのペース。横須賀のコースは海岸線を走るのでアップダウンが結構ある。だが今回も給水以外は歩かないと決め、実行できた。まあスピードは上り坂では歩くような遅さだが。

後半は体力が残っていず、ペースは6:31~8:15と落ちてきた。

結局下方修正した目標キロ7以下は何とかクリアしたので、気分は悪くはないが感動もない。

次の12/23のレースはもう少し練習積みたいとは思うが。

自由人なので平日の小旅行に一人で出かけてきた。今回も愛車の本田フィットで。
天気は両日ともほぼ快晴。楽しいひと時を過ごすことができた。

東名高速道路からの富士山。かなり空気が奇麗。 

かちかち山頂上から。

かちかち山頂上から河口湖大橋

かちかち山頂上からアジサイハイキングコース下山途中に撮影

目当てのソバ屋は定休日だったので代わりに吉田うどん。大盛りで500円と安かった。

船津辺りの駐車場からランスタートした直後。

クラフト展やっていた

奥河口湖付近

湖の括れたコースに絶景の紅葉があった。

足和田ホテル

本日の宿、割烹 長濱旅館の大広間

お楽しみのお宿での夕食。馬刺しがかなり美味しかった。そのたシチュー、土瓶蒸しなどすべて満足。アルコールも良心価格。

本日のコー内容。全ての満足

二日目のラン開始。ここは河口湖から西湖へ入った直後の映像。湖からの水蒸気が幻想的。

午前中のせいか観光客は河口湖とくらべてかなり少ない。

ナナカマドか?

西湖入り口から約10kmくらいのところ

ランを終了しふじやま温泉で疲れをいやす

入場料1400円とちょっとお高めだが、施設は清潔で充実。平日のせいか入浴客はちらほら

新倉山浅間公園。

新倉山浅間公園の長い階段

前回は週末の日帰りでランや温泉を楽しんだが、一泊したほうが断然楽しい、当たり前か。
ほったらかし温泉というスポットへの訪問も予定していたが、時間の都合で割愛した。次回のお楽しみ。

ランの調子の悪さや疲れやすい症状がここ10日間ほど続いていて、内科の医院にも行き診察してもらった。採尿の結果、簡易尿検査では潜血、蛋白、それと糖など問題なし。翌日結果が出た血液検査の結果では二つほど問題点が出た。

その一つは血色素量。男性は13.6以上なら標準範囲内だが、自分は今回12.8.だが医師はこれが疲労感やらだるさの原因とは思えないという診断。

2か月後に再度採血して血色素量が上っていれば問題なし。上がらないならば精密検査という診断。

あと医師は指摘していなかったが、今回中性脂肪量という数値を初めて知ることになる。基準値は50-149とのことだが自分の場合37.ネットで調べると数値が低ければ低いほど良いということではなく、低い場合疲労感などが症状として出るとのこと。

更にネットで色々調べると玄米食やコーヒーなどカフェインが含まれる飲料を摂ると鉄分が失われやすいとのこと。鉄分不足は血色素量に影響する。そこでコーヒー絶ちと鉄分の多い食事+鉄材の服用を始めた。これが10月9日。

10月12日の朝のランニングでは、今まで5km手前でばてていた体調が少し回復し、6kmまで走れて、なおかつダッシュを7本こなした。少し復調の傾向。

そして今日15日。距離は15km、平均ラップタイムが6:11と好結果で練習が出来て、服用している鉄剤と食事療法が大当たり。終了時もばてたという感じはなく、かなり嬉しい気分。

この復活で、一旦は断念する予定だった10月28日開催の手賀沼エコマラソン(ハーフ)の出走を決めた。

涼しいところで走りたいという気分になり、連休中のどこかで狙っていました。

東名高速の渋滞予想と天気予報を考慮して8/13に決行。幸い行き返りの道路の渋滞はほとんどなかった。

ただし天気は予報通り雲が多く、時たま太陽が出る程度。でも雨はほとんど降らず。気温は開始の6時前で20℃くらい。

 

 

これは三国峠。ここに車を駐車した。

 

 

今回のコース。

今回のビデオ

有給休暇なので今朝の朝ランは少し長め。気温は27℃前後、湿度も高し。

鮮やかな色だったのでついつい。

これもかなり鮮やかだった。

阿久和川。小さな川だがこの川沿いを散歩する人は朝はかなり多い。