豚の燻製作ってみた - 成功編 

前回ありあわせの豚肉を使いトライして見事に失敗したスモーク。今度は成功した!

まずはボークのロースのブロック肉を15%くらいの濃度の塩水に浸す。中にはベイリーフ、玉ねぎをスライスしたものを入れた。参考とした作り方では砂糖も少し入れるとあったが、今回はなし。約1週間くらい漬けて、一回焼いてみて塩加減を見る。もし塩が足りなければもう少し漬け込む。

IMG_7664

漬け終わったらそれを流水に半日くらい漬けて置き、塩を抜く。その後肉をペーパータオルなどで水気をよくふき取る。次にその肉を私の場合は魚の干物を作るネットに入れ約三日ほど乾燥させた。

IMG_7673

乾燥させた肉がこれ。

IMG_7805

次はいよいよスモーク。前回ちょっと目を離したすきに肉が焦げてしまった経験があるので、今回は慎重にスモーク作業。

IMG_7916

参考にしたサイトでは温度60度で6時間以上と書いてあるが、私の場合薫製器の内部温度がなかなか60度まで上がらない。

こまめにスモークチップを窯に注入し、6時間燻した。本当は7時間は燻したかったのだがスモークチップがなくなったため6時間で燻終了。下の写真が完成した豚の燻製。

CJTA0985

包丁で切ってみるとこんな感じ。

HNBJ8897

色は非常にいいが低温度とその燻時間のせいか多少火の通りが薄い感じ。食べてみたがなかなかの出来栄え。

ただ上記の通り非常に手間がかかるのが燻製作りなので次回のめどは立たず(^^;

途中昨日釣ってきて干していた鯵の干物を1.5時間ほどスモークしてみたが、これも美味しかった。

IMG_7921

Tags:

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

RSS
Follow by Email
Facebook
Twitter