HDD換装成功 by DDRESCUE

  • By:
  • カテゴリー: IT

昨日の晩にDDRESCUEにてコピーを掛けていた、破損セクターがあるHDD250GBのコピーがどうやら成功したようだ。今日帰宅後コピー元の250GBのHDDを外した後、コピー先の新規HDD 1TBをSATAのHD1の口に接続して再起動。なおHD0は320GBあり、MBRとWindowsVitaが導入されている。再起動する前にsystemrescuecd-x86-1.1.5.isoに含まれているGpartedにてLV領域を拡張しようとしてみたが、”logical volume management is not yet supported”とのことで拡張は出来なかった。再起動したところ何のエラーもなくCentos5.2が立ち上がった。後始末のfstab, inittab回りの調整を行い、そのあとlogical volumeの拡張にトライしてみる。なかなか優れたツールだと思う。

[root@wfc ~]# fdisk -l

Disk /dev/sda: 320.0 GB, 320072933376 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 38913 cylinders
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes

デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1   *           1       38914   312568832    7  HPFS/NTFS

Disk /dev/sdb: 1000.2 GB, 1000204886016 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 121601 cylinders
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes

デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sdb1   *           1          13      104391   83  Linux
/dev/sdb2              14       30401   244091610   8e  Linux LVM

Disk /dev/sdc: 80.0 GB, 80000000000 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 9726 cylinders
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes

デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sdc1               1        9726    78121984    7  HPFS/NTFS

参考サイト:

前のHDDの不良セクターが原因か、時計のデーモンで時間の調整が出来ない不具合を発見。他にもまだ不具合があるかもしれない。
ただdiscアクセス速度などはかなり改善されて、快適になった。

2件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

IT
Pythonのお勉強 その後の経過

やはりPythonは少しかじったことがあるCとかJavaに比べて比較的習得しやすい。 この本の最後の …

IT
VPSの削除事故と復元

ここ数年ブログをVPSのconohaで運用していきていて特に不都合はなかった。 あるときネットであた …

Gourmet
小江戸LUGでBBQ 2018/05/26

koedolugの活動はほとんどやっていないなか、BBQの案内が来ていたので今回初めて参加してきた。 …