ESXiの会社での運用法

注文しているDellのサーバーが到着する前に、購入目的のGroupWareのバックアップについてその導入、運用方法を確定しておかねばならない。
新たに導入しなおすGroupWareのGsession2は新設のDell T100に導入するESXiサーバー上に行う。OSは今と同じCentOS5.2。
バックアップ機は現在GroupWareを運用しているDell SC440サーバー。OSは変更せずCentOS5.2。
SC440にNFSを導入してT100の仮想マシンのバックアップファイルを保管する。
バックアップはghettoVCB.shというスクリプトで行う。原則的に毎日バックアップ。また今導入されているGroupWareはそのまま残しておき、T100のマシンが不調・故障の時の緊急用としても使う。その時のバックアップデータはできれば自動的に仮想マシンとは別の処理でダウンロードできるようにする。Groupware開発元のサポートフォーラムで聞いてみる。
ポイントはバックアップスクリプトがうまく動くか否かに掛かっている。

2 Comments

Add a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください