グループウエアJoruri

twitterでこのグループウエアがオープンソースとして公開されていることを知り、本日ESXiのゲストOSのCentOSに導入。rubyで作られているアプリケーションということで導入の難易度はGroupSessionに比べるとかなり高い。CentOSには1GBのメモリーを割り当てているが、ソフトは動作がもっさりしている。またソフトウエアはモジュール化されていず、管理者が簡単に追加、削除することはできないようだ。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

RSS
Follow by Email