Acer1410にUbuntu入れた

HDDに不具合を来したAcer1410、購入後14ヶ月くらいだが、メーカーの修理では39,900円も掛かるので結局修理はせずWindows7は諦めたことになった。結構Acerさんとはメールでやり取りしたが、どうやら形勢が当方に不利になったため、引き下がった。

秋葉原で500GBの内蔵HDDを購入しパソコンに組み込んで交換は不具合なくできたこと確認。ライセンスのあるWindows XPを導入しようとしたが、Acer1410が64ビット機ゆえか導入できなかった。このためLinuxを入れさらにVMware Playerを入れてそこにWindowsXPを入れようというシナリオになった。

昨晩家でいろんなLinuxの導入試したが入りそうなOSはUbuntu8.04のみ。日経Linux付録の他のOSはすべて入らず。
このため一旦Linuxの導入は諦め再度本日休日出勤の会社で導入を試してみた。Ubuntuコミュニティのページで改めてUbuntuのイメージのDLの方法などを確認していて、はたとCDに焼くときに確かDataとして焼いていたことを思い出した。サイトではisoファイルをimageとして焼くと説明してあり、これをやったら呆気なく導入が始まった。

その後さらにVMware Playerを会社で導入してから自宅に帰り、今昨日は入らなかったWinXPを入れているもの。どうやら入りそうだ。

もうすぐ導入終了。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

RSS
Follow by Email