Openvidu web会議システム

オープンソースのweb会議システムがネットニュースで紹介されていたので借りているクラウドOCIに入れてみた。

導入はこのサイトで書かれている「◆セットアップ(自前サーバー編)」の手順に準拠して行った。dockerとdocker-composeが必須な導入条件。私の場合はCentos7上のサーバーに導入。

導入に成功し、サーバーのurlを叩くとこの画面が現れる。
ここで好みの会議室の名前と自分の名前を入力して進めると下の画像のように会議室が作られる。
画面を参加者と共有することも可能。
管理者にはdashboardが用意されている。
私の環境ではエラーになったしまう。ログを見ても原因の推測は困難。
これがエラーを起こしている画面。

このツールを開発しているところ:Openviduユーザーコミュニティ

導入難易度はJitsiより高い。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

RSS
Follow by Email