箱根 明神ヶ岳 初めての雪中山行

前日の土曜日(1月18日)実施で明星ヶ岳、塔ノ峰へのハイキングイベントを作っていて、自分を含めて5人参加予定だった。しかし天気予報は雪ということでこのイベントは中止。

翌日の天気予報は晴れとのことで、月例マラソンというイベントあれど、それは置いといてソロのハイキングをやってみた。

積雪があり、その雪がシューズに入り込み冷えるといけないので本来スパッツがあればいいのだが無い。そこでゲイターをその代わりに持参。

箱根湯本駅よりバスで桃源台行きに乗り込み、宮城野橋で下車。準備万端で10時20分過ぎに開始したが、直後にトレイルランナーが上から降りてきたのでご挨拶。聞くところ明星ヶ岳方面は雪が笹を押しつぶし歩けない状況とのこと。で助言により明神ヶ岳方面へ急遽ルート変更。鞍部の分岐から明星ヶ岳方面へ行けたら行くという段取り。

まだ昼前なのでコースは雪が比較的そのまま残っている。また地下に水路が通っていそうなところは、積雪が殆どない。

下の写真の(宮城野分岐)鞍部の分岐地点を右へ行けば明星ヶ岳方面だがやはり笹が押しつぶされいけない。

なおここまでに元気のいい女性ハイカー1名と女性トレイルランナー1名がこのコースを降りていった。ハイカーは金時からきたとのこと。

明神ヶ岳まではもうすぐ。

12:47に明神ヶ岳頂上に到着。既にそこには4パーティほどが休憩中。テーブルが空くのを少し待ち昼食。今日はインスタントラーメンとレトルトの牛筋煮込みを混ぜて煮込んだもの。おにぎり一個分くらい食事の量が足りなかった。頂上なので風もあり、じっとしていると身体が冷えてくるが、ラーメンと食後のコーヒのお陰で快適。頂上には50分近く滞在。

宮城野まで下りてきて時刻は14時47分。前半は標準タイムより少し遅れたが、後半の下りは飛ばしたので結局標準タイムの80-90%という結果だったようだ。

その後バスで塔ノ沢まで下り、そこで目当ての一の湯新館という温泉旅館で温泉に入るという算段。138号線沿いには結局その温泉の看板はなかったが、google mapでその入り口を確認。そこには塔ノ沢駅の看板が。

温泉宿は比較的こじんまりとしていて、湯船は立ち寄り湯専用なのか外の景観が見えなく、少々期待外れ。また風呂場にはロッカーがなく貴重品が心配となるシステム。入る前にフロントで貴重品を預かってもらえるのだろうか?

今回幸い積雪の量は大したことはなかったが、次回の雪中行のためにはスパッツとアイゼンを買う必要がある。なお下りは温度の上昇もあり、ルートは解けた雪でぐちゃぐちゃだったがKeenのシューズはよく耐えてくれた。またスパッツは結局使用しなかった。
また上り下りともスリッパリーな状況でトレッキングポールが良く働いてくれた。それが証拠に今でも肩回りの筋肉が良い感じで疲労感がある。日頃の筋トレの効果もあったように思いたい。

次回は丹沢あたりかな。

最高点の標高: 1144 m

ヤマレコサイトにも書きました。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

RSS
Follow by Email