ギブアンドテイク+テイク

畑の野菜達を手塩にかければ、実りの時期に収穫と言う大きな喜びを頂ける。

このシーズンは野菜の成長が遅いので収穫できるのは限られているが、成長を見守るのはこの上ない楽しみ。

ブロッコリーは順調にみえる。苗のガタイが大きいと収穫できるブロッコリーも大きいそうだ。ということは私のブロッコリーは余り期待できないかも。

ミント。なかなか思った通りには育たない。またなじみが薄いせいもあるが、日々食べているサラダのアクセントとして収穫していこう。

お世話になっているサニーレタス。

枯れずに生き残っているスナップエンドウ

玉葱は今が我慢。何株かはダメになったので予備の苗を植えている。

大根はちょっと種まき、定植が遅れて成長も遅々としている。

紫甘かん(赤キャベツ)なんとな生きながらえている、と言う感じの成長。

このひよこ豆は苗が少し黄色くなってきているので、やばい。枯れてしまうかも。

芽キャベツ。なんとなく去年より育ちが良くない気がするのだが。

ワケギは韮と同じく、茎を切ると2-3回はまた新しい茎が生えてくるのだそうだ。

アスパラ菜、寒風にさらされて成長は遅い。

明日葉は二年くらいはもつのだそうだ。まだ若葉も出ている。晦日の天ぷらの材料として期待している。

地主さんの家の椿。大きな木が10本以上植えられていて艶やかな花を咲かせている。

庭や畑の木、草、野菜を触るという行動は心をかなり癒してくれるそうだ。道理で畑に何時間いても飽きないはずだ。

手や暇を掛け野菜を育て収穫して、感謝の日々なのだが、収穫の喜びだけでなく、心に癒しを与えてくれる畑。私からするとそれは give and take takeと言っても過言ではない。有難いこと。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

RSS
Follow by Email