Nagiosの導入

会社の2つのLinux Serverの監視用でNagiosを入れてみた。今回の参考サイトもCentOSで自宅サーバー構築さん。

導入したパッケージはnagios-3.2.1.tar.gz
ダウンロードサイトはhttp://sourceforge.net/projects/nagios/files/nagios-3.x/nagios-3.2.1/nagios-3.2.1.tar.gz/download


導入後サービス監視で4点ほど異常が見つかった。

その1 : MySQL
これはmysql-develが導入されていなかったためのエラー。導入後エラーは解消。

その2: NTP
これは未だ未解決。ntpサーバの設定方法が分からない(汗)

その3: Clamd
エラーの内容はそのようなファイルはない、というようなものだったが以下の設定ファイルを修正したらエラーが消えた。 /usr/local/nagios/etc/objects/commands.cfg

define service{
use generic-service
host_name localhost
service_description clamd
check_command check_clamd!/tmp/clamd.socket ←ここを /etc/clamd.confの内容に従い修正。

その4: ssh
これは自ホスト127.0.0.1をファイヤウォールが許可していなかったため、hosts.allowを修正してエラーが消えた。 # echo “sshd:127.0.0.1” >> /etc/hosts.allow

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

RSS
Follow by Email