Xperia SO-01B OSのアップデート

本日夕方からアップデートができるようになったということで実行中。
しかしPC用のアップデートソフトを導入し、XperiaをUSBケーブルで接続してソフトを
起動しているが、Xperiaに導入済みのソフトウエアの確認にえらい時間が掛かっている。PCのハードドライブはチャカチャカ動いているので、止まってはいないと思うが・・・・・

もしそんなに長く掛かるのが本当なら、導入マニュアルに「導入されているソフトウエアの数によっては確認に10分以上掛かる場合がある」とかなんとか書いても良いはず。

やっぱりおかしい、と感じ再度やりなおし。今度は再開したようだ。

ソフトのDLが終わりXperiaにそれを導入中。導入されるデータは140MBくらい。

とりあえず完了したようだ。

再起動のため電源を入れるが、カメラアプリのウィジェットと本体の絵が途中表示され、それはとても意味不明。それと立ち上がるまでかなり(通常の3倍くらい)の時間が掛かった。でもとりあえず無事起動した。

OS2.1のホーム画面

カメラアプリを起動すると「メモリーカードを利用できません」というエラーメッセージがでるが、起動はするし、起動速度はかなり改善された。

ブラウザーのブックマーク画面

perlで作られている表を多用した「Web ジョギング日誌」のページもパソコン画面と同等の見栄えとなり、ブラウジング
もかなり改善された。

ひとつ不具合発見。通知アイコンは現れるが、上部の通知表示用の横帯を下になぞっても通知メッセージが表示されない。通知メニュから入っても表示されない。

なお上記で触れたカメラアプリの起動時のエラーメッセージは、USBケーブルをXperiaとPCに接続しUSBデバッグモードでカメラを立ち上げたためのエラーのようで、USBケーブルを抜いてアプリを起動すると、さきほどのエラーメッセージは表示されなくなった。

再起動したところ、「通知」も正常に動作するようになったようだ。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

RSS
Follow by Email