ミラーリングシステム導入

GroupWareサーバーのデータベースのデータ破損が多分原因で、GroupSession2が復旧できなくなってしまったため、データのバックアップの方法としてミラーリングシステムを入れた。画像の上はミラー元のフォールダの表示。下は仮想マシン上のミラー先フォールダの表示。Tomcat以下のフォールダと作成したmirror.txtがミラーリングコピーされている。

参考サイト

http://fedorasrv.com/lsyncd.shtml

One Comment

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

RSS
Follow by Email