備忘録 導入パッケージの確認方法

redhat系の場合のコマンドラインから導入されているパッケージを確認する方法。

1. rpmでの操作(redhat package manager)

パッケージの完全な名前が分かっている場合は
rpm -q[a] —-などで確認できる。たとえばウェブサーバーを確認する場合

rpm -q httpd-2.2.3-31.el5.centos.2とコマンド入力。
存在すればそのパッケージ名がコマンドラインに表示される。

またパッケージ名の一部が分かっている場合は

rpm -qa grep|httpd とすると、その結果は

httpd-2.2.3-31.el5.centos.2
httpd-manual-2.2.3-31.el5.centos.2 などと表示される。

-qaのaを入れないと”引数が指定されていません”と怒られる。

2. yum = yellow dog updater modified (ヤムと読むらしい)での操作は:

yum list httpdと実行(ウェブサーバーの場合)

その結果の例:

Installed Packages
httpd.x86_64       2.2.3-31.el5.centos.2          installed

ubuntu (多分debianでも同じ)でのパッケージの確認方法は:

参考サイト:http://d.hatena.ne.jp/khiker/20060809/1155134461

sudo dpkg -l このコマンドで導入されているすべてのパッケージが確認できる。 dpkgはdebian packageからの由来とのこと。

パッケージの名前の一部が分かっている場合は:

sudo dpkg -l apache* と入力すると:
sudo dpkg -l apache*
Desired=Unknown/Install/Remove/Purge/Hold
| Status=Not/Inst/Cfg-files/Unpacked/Failed-cfg/Half-inst/trig-aWait/Trig-pend
|/ Err?=(none)/Reinst-required (Status,Err: uppercase=bad)
||/ 名前              バージョン     説明
+++-===================-===================-======================================================
un  apache-common       <なし>            (説明 (description) がありません)
un  apache-utils        <なし>            (説明 (description) がありません)
ii  apache2             2.2.12-1ubuntu2.1   Apache HTTP Server metapackage

などと表示される。

一方apt(advanced packaging toolsの略)を使い導入されているパッケージを確認する方法は:

sudo apt-cache search —-   —-の部分は探したいパッケージをキーワードで記入する。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

RSS
Follow by Email