VMware Player3.0にUbuntu 9.10 Desktop導入

2010年1月号の日経LinuxにてVMWare Player3.0がリリースされているのを知り、さっそく自分のノートPCに導入した。従来のVMWare Playerと違い仮想マシン(vmx)を作る機能が加わったことが最大の改善点だろうか?ESXiに入っている仮想マシンはノートPCを自宅から持ち出すと操作できない。ということでこのVMWare PlayerやVMWare Serverが必要なのだが、当然ノートPCにはDesktop製品としての位置づけのこのVMWare Playerが適している。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

RSS
Follow by Email