Google Public DNSサービス

インプレス社のInternet Watchによるとネット業界にいつもホットな話題を提供しているGoogle社が、Web高速化を目的としたGoogle Public DNSサービスを始めた。ざっと読んだだけではにわかにはその理屈は分からないが、Google社が設定するDNSを自分の契約するISPが提供するDNSサーバーの代わりに設定すると高速化が実現できるのだそうだ。設定するGoogleのDNSアドレスは8.8.8.8(プライマリDNS)と8.8.4.4(セカンダリDNS)。さっそく自分の環境でルーター上に設定してあるプライマリとセカンダリを「サーバから自動取得する」から上記8.8.8.8と8.8.4.4に設定してみた。当初自サブドメインのwww.run-the-earth.comがエラーになり、ブラックリストっぽいサイトと判定されGoogleのDNSではだめなのか、とも思ったが少し時間が経過したら閲覧できるようになった。(^-^)

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

RSS
Follow by Email