Windows 7 beta導入してみた…

  • By:
  • カテゴリー: IT
IT

CentOS5.2をホストマシンとするVMware Server2.0に導入開始してみた。
まずはVMwareの設定。仮想マシンの名前をWindows 7 betaとする。

screenshot-4

当然VMware Server2.0にはWindows7の器(vmx)は用意されていないので、今回WindowsVista 32bitと設定して進めてみた。

screenshot-5

メモリーはWindowsVistaと設定するとdefaultでセットされるらしい1GBとする。

screenshot-6

HDD容量は20GBで。

screenshot-7

導入するファイルとして/var/lib/vmware/Virtual Machinesに保存してあるWindows7 betaのISOイメージを指定。

screenshot-10

指定したisoイメージファイル。

screenshot-12

これで導入の準備OK.

果して導入が始まるのか?

screenshot-16

おおぉ、何かうまく行きそう!

screenshot-17

この辺の作りはVistaとほぼ共通?

screenshot-182

screenshot-192

screenshot-201

ライセンス条項に同意。期間は8月1日まで。

screenshot-21

導入方法はカスタム(詳細)を選ぶ。

screenshot-231

ファイルのコピーが始まった。

screenshot-251

screenshot-26

screenshot-28

パスワード入力が必須のようだ。

screenshot-311

product keyの入力。ベータ版をDLを申し込むとマイクロソフトからメール通知がくる。このメールの内容に従いアクセスすると、DLのページへ飛ぶ。そこにこのproduct keyが記載されている。

screenshot-32

共有の設定。

screenshot-33

そろそろ終了。でも何で金魚?

screenshot-34

とりあえず終わって画面の解像度を設定しているところ。

screenshot-36

IEはIE8ベータ。

screenshot-37

合計12GBほどのディスクスペースが必要。

screenshot-39

コメントはまだありません

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

IT
Pythonのお勉強 その後の経過

やはりPythonは少しかじったことがあるCとかJavaに比べて比較的習得しやすい。 この本の最後の …

IT
VPSの削除事故と復元

ここ数年ブログをVPSのconohaで運用していきていて特に不都合はなかった。 あるときネットであた …

Gourmet
小江戸LUGでBBQ 2018/05/26

koedolugの活動はほとんどやっていないなか、BBQの案内が来ていたので今回初めて参加してきた。 …