Chromium OSのvmdkやっとできた

前回Ubuntu9.10上で、うまくvmware用のイメージが作れなかった原因と思われる操作ミスが分かった。参考としたサイトで説明されている./enter_chroot.shは二つ意味があり、一つはchroot環境を作るため、もう一つはchroot環境に入るためのコマンド。前回vmdkのイメージを作ろうとした時は準備としてchroot環境は作っていなかったのに、./enter_chroot.shは一回しか打たなかったので、実際はchroot環境に入っていなかったものと思われる。画像のように無事740MB程度のChromium OSのVMware用のイメージが出来上がった。

One Comment

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

RSS
Follow by Email