phpプログラミング

実は今年1月に「はじめてのphpプログラミング」というphpの入門本を買っていたのが、先日本棚を整理していて判った。それで今通勤時に読んでいるが、ページが90ページあたりまでくるとそろそろ難しくなる。それでも今日練習問題を何とか一つ解いた。解答は以下のプログラム:

<?php
$a = 777;
$b = 999;
$c = 222;  // この変数を利用して値を入れ替える
echo ‘<p>変数aの値は’, $a = $a+$c, ‘です</p>’;
echo ‘<p>変数bの値は’, $b = $b-$c, ‘です</p>’;
?>

結果として以下を表示するもの:

変数aの値は999です
変数bの値は777です

ところが本の中の解答は以下のようなものであった。

<?php
$a = 777;
$b = 999;

$c = $a;  // $cに$aの値を代入($aの値を一時的に保存しておく)
$a = $b:  //  $aに$bの値を代入 ($bの値で$aを上書き)
$b = $c;  //  $bに$cの値を代入(一時的に保存していた$aの値を代入)

echo ‘<p>変数aの値は’, $a, ‘です</p>’;
echo ‘<p>変数bの値は’, $b, ‘です</p>’;
?>

出た結果が同じだが考え方が違い、代入の概念を本の模範解答は多用している。

One Comment

Add a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください