やっとCD-ROMドライブを認識

  • By:
  • カテゴリー: IT
IT
1

CentOSがやっとCDドライブを認識した。Dell T105に関する日本語WIKIのサイトの中の記事にあった、メモリーを4GB以上積んでいるとDVD-ROMドライブの認識に問題が出る、に当てはまったようだ。kernelの起動オプションとしてMEM=4000Mと4GB以下にして起動したら挿入したCDをやっと認識した。そんなわけで仮想マシンのWindows XPの導入が終わり、今はFedora10を導入している最中。

e382b9e3838ae38383e38397e382b7e383a7e38383e3838821

「CentOSで自宅サーバー」というサイトに質問して、解決方法を探していた。まずDell PowerEdge T105に組み込まれているCD-ROMドライブのファームウエアをバージョンアップしたらどうかということで試してみた。結果はNG。それでその次の助言でコンピュータのBIOSのアップグレードを実行してみたら?という助言に従いBIOS ver 1.1.1から1.3.2に上げてみてCDドライブを認識するか試してみたがだめだった。ということでいまだ解決策はメモリー設定を4GB以下にしてkernelを起動するということしかない。

1件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

IT
Pythonのお勉強 その後の経過

やはりPythonは少しかじったことがあるCとかJavaに比べて比較的習得しやすい。 この本の最後の …

IT
VPSの削除事故と復元

ここ数年ブログをVPSのconohaで運用していきていて特に不都合はなかった。 あるときネットであた …

Gourmet
小江戸LUGでBBQ 2018/05/26

koedolugの活動はほとんどやっていないなか、BBQの案内が来ていたので今回初めて参加してきた。 …