Zenity1.0その他の導入

  • By:
  • カテゴリー: IT
IT
1

自宅の仮想マシンのWindows Serverは評価期間が過ぎていて起動できないので、再度ファイルを入手して再導入した。その後SQLサーバーを入手してこれも導入した。IISもサーバーマネージャでactiveにした。そしてZenity1.0を入手してセットアップを始めたが画像のようなエラーが出て導入が進まない。

zenity-install-error

Zinityを導入するためには.net Framework 3.5(SP1)が必要なようだ。Windows Server 2008では標準で.net Framework3.0というソフトが導入されていて、入れ替え・アップグレードするためにこれを削除する必要がある。しかし削除しても再起動するとまた自動的に入ってしまう非常に性質の悪い代物。当然.net framework3.5や3.5 SP1が入らない。いい加減このZenityというソフトの導入は諦めて、Linux用のOSSで文書管理・検索ソフトを探してみる。

1件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

IT
Pythonのお勉強 その後の経過

やはりPythonは少しかじったことがあるCとかJavaに比べて比較的習得しやすい。 この本の最後の …

IT
VPSの削除事故と復元

ここ数年ブログをVPSのconohaで運用していきていて特に不都合はなかった。 あるときネットであた …

Gourmet
小江戸LUGでBBQ 2018/05/26

koedolugの活動はほとんどやっていないなか、BBQの案内が来ていたので今回初めて参加してきた。 …