Alfrescoようやく導入した

会社のESXiに作ってあるCentOS5.3になかなか入らず、家のVMWare Server上のCentOS5.3に入ったがなかなか日本語化ができなかったAlfrescoがようやく先ほど会社のESXi上の2個目のCentOS5.3にやっと入った。画像のように日本語化もできた。

alf

機能と動作確認はこれからやるが、果たして自分の事務所で必要なECMとなるのか?躓いたひとつのポイントはTomcatの起動にかなりの時間が(数分)掛かり、せっかちな人はTomcatが起動する前にブラウザーでアクセスする可能性が高いこと。またWindowsなどのクライアントからアクセスする前に、導入したサーバーOSの8080のポートを空けてからアクセスすること。

Add a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください