Alfrescoようやく導入した

  • By:
  • カテゴリー: IT
IT

会社のESXiに作ってあるCentOS5.3になかなか入らず、家のVMWare Server上のCentOS5.3に入ったがなかなか日本語化ができなかったAlfrescoがようやく先ほど会社のESXi上の2個目のCentOS5.3にやっと入った。画像のように日本語化もできた。

alf

機能と動作確認はこれからやるが、果たして自分の事務所で必要なECMとなるのか?躓いたひとつのポイントはTomcatの起動にかなりの時間が(数分)掛かり、せっかちな人はTomcatが起動する前にブラウザーでアクセスする可能性が高いこと。またWindowsなどのクライアントからアクセスする前に、導入したサーバーOSの8080のポートを空けてからアクセスすること。

コメントはまだありません

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

IT
Pythonのお勉強 その後の経過

やはりPythonは少しかじったことがあるCとかJavaに比べて比較的習得しやすい。 この本の最後の …

IT
VPSの削除事故と復元

ここ数年ブログをVPSのconohaで運用していきていて特に不都合はなかった。 あるときネットであた …

Gourmet
小江戸LUGでBBQ 2018/05/26

koedolugの活動はほとんどやっていないなか、BBQの案内が来ていたので今回初めて参加してきた。 …