Letsencryptの自動更新失敗(備忘録)

このブログを運用しているkusanagi nginx環境で、設定してたLetsencryptの自動更新が失敗して、サイトにアクセスできなくなった。 エラーメッセージを読むと、どうやらpython関連のvirtualenvというものから発生しているエラーのようだ。

OSError: Command /opt/eff.org/certbot/venv/bin/python2.7 - setuptools pip wheel failed with error code 1

エラーログの内容をググってもズバリの解決策を示したサイトは見つからないため、最悪letsencryptの再導入でも良いと思い、次の方法で再導入をしてみた。

$ cd /usr/local
$ git clone https://github.com/certbot/certbot
$ cd certbot
$./certbot-auto certonly –standalone -t

これを実行したところ、まずはvirtualenvの更新作業が始まりだしたのでしめしめなどと思い見ていると、以後domainの登録などを行うプロセスとなり、ようやくsslの更新と自動更新設定が完了。

以下コマンドでssl設定が更新されていることがわかる。

$ ./certbot-auto renew
Saving debug log to /var/log/letsencrypt/letsencrypt.log
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Processing /etc/letsencrypt/renewal/hogehoge.conf
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Cert not yet due for renewal
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
The following certs are not due for renewal yet:
/etc/letsencrypt/live/hogehoge/fullchain.pem expires on 2019-06-21 (skipped)
No renewals were attempted.

 さて3か月後はどうなっていることやら。

One Comment

Add a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください