2018-10-10 畑作業 30分

ここのところ天気が安定していて、野菜さんたちも喜んでいる感じです。

  

気象庁の過去の天気

9月は台風やら秋雨前線やらの影響で日照時間が少なかったなか、この天気は有難い。また台風24号の強風が運んだ海水が雨となって降り、東海、関東の沿岸部の農家や鉄道などにも被害が出た。災害私の畑はこの塩害は免れたようだ。台風一過の早朝に水遣りを行ったので、意図ぜず塩水が野菜から流れ落ちたのかもしれない。

さて今日は日課の水遣りと蕪の間引き、それに虫喰いがでている大根、ラディッシュへの無農薬防虫剤の散布を。

虫食い発生の大根の葉。大規模な虫食いではないが….

生育が順調なので作業時間も短い。

隣の畑のSさんと少しお話。畑の一部が空いたので大根の種まきをしていたところ。またマルチシートが掛かっていてまだ芽が出ていない畝は蕪の種を蒔いたそうだ。S氏によると蕪も美味しいが葉はほうれん草より栄養価が高く、価値のある野菜だ、と言っていた。調べてみました。


【かぶの葉はβ-カロテンを非常にたくさん含んだ食材です。

β-タカロテンは抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。

ビタミンCも豊富

これは 風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があります。

●カルシウムやカリウムを多く含んでいます。】

出典: 旬の食材百科


その蕪の葉を間引きしてきたのでまた何か作ろう。

蕪の間引き菜

 

Add a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください