畝作り

初めて畝作りをやってみた。その要領はyoutubeの動画などを参考にしたが、実際やるとなると大変な作業。

とりあえず上の写真のように畝をまず作る。なぜ畝が必要かというと「作物が水害にやられないようにする」ため。畝は高く、その脇の通路(?)は低くして、雨が降っても種や苗が鎮座している畝に影響が及ばないようにするためである。

今日の畝作りのムービー

畝を作った後は地主さんの農園敷地内にある堆肥所から堆肥を購入し、それを畝に蒔く作業。一斗缶一杯250円。きつく詰めれば5kgくらいか?

1畝に2缶文(9kgくらい)、畝数は5なので合計10缶撒いた。さらに化成肥料5kgを畝の上に蒔いた。

上の写真は根菜を植える畝の作業。根菜は葉物と比べてより地中に深く根を延ばすので深堀が必要なのだ。

こんな感じで掘る。今回深耕したのは大根と人参用。

 

畝は合計5本作ったが、時間の関係でマルチングできた畝は3本。マルチシートをかける理由は雑草の繁殖の抑制。

用意していたマルチシートの幅が95cmなのに、5本作った畝のうち2本は幅が70cm以上でちょっと大きすぎ。また畝と通路に段差をつけすぎたので、土での固定が旨くできなかった。トホホ。

今日の鍬を使っての作業は合計4時間近く。腰が万全でない中ちょっと働きすぎ。 でも4日振りのビールが激うま(笑)

明日は残り2本のマルチングを早朝にやる予定。

 

 

Add a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください