ちょっと期待

Google AIYキットなるものを注文して現在入荷待ち中。

何ができるかといえばdo-it-yourself artificial intelligenceが意味する通り、人工知能の自作という事、らしい。詳しくはこちらを参照。今回注文したものはボイスキットというGoogle Homeと同等の機能持つもの。音声を入力として使い、出力を得るもので、グーグル社のGoogle Assistantという基盤を利用可能な自作組み立てキットだそうだ。その概要はwikipediaによれば;

ユーザーは主に音声でGoogleアシスタントとやり取りを行うが、キーボード入力もできる。Google Nowと同じ性質と方法で、アシスタントはインターネットを検索し、イベントやアラームを設定し、ユーザーのデバイスのハードウェア設定を調整し、ユーザーのGoogleアカウントから情報を表示することができる。

Gizmodo社によるGoogle Homeは他社の似たような製品、例えばアマゾンのAlexaやアップルのSiriとくらべての優位点は;

それは、他のGoogleのサービスとの連携です。

検索するならGoogleエンジン、動画を見るならYouTube、地図を見るならGoogleマップ、いまや娯楽でも仕事でもさまざまなところでGoogleのサービスを使っていますよね。それらのサービスをダイレクトに音声で操作できるのはGoogleアシスタントの最大の強みなのです。

 

これとは別の製品で下の写真のvision kitというものもある。これはカメラセンサーを基盤としたAIプロジェクトであろう。

Voiceキットについて開発はできるかなんとも言えないが、音声入力・認識では大いに楽しみ自分の仕事、趣味関連で役に立つことないか試してみたい。

 

Add a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください