Nginxの停止

不定期に2-4日のインタ-バルで停止してしまうNginx。ネットであたったところサーバー設定ファイルを当該サーバ上で作成せずに、他のサーバからコピーしてくると発生しやすいという記事を見つけ、この場合は対処方法が自分には高度すぎてダメかなと半ばあきらめていた。
Koedolugのメーリングリストでkabuさんがサーバーの停止の原因について、「午前三時といえばlogrotateですが、この時のログファイルの掃除の仕方か、もしくは掃除をしようとしているログファイルそのものに問題がありませんか?」と指摘していた。
ということで自分も前回webサーバーが停止した8月15日の2:00前後のログを読んだところ、以下の出力を発見

Aug 15 02:00:01 www CROND[24927]: (root) CMD (systemctl stop nginx && /opt/certbot/letsencrypt-auto renew --force-renew && systemctl start nginx)

つまりletsencryptが有効期限切れになるletsencryptのアカウントをrenewしようとwebサーバーを停止し更新処理しようとするができず、またその後のsystemctl start nginxが何かが原因で効かず、結果的にNginxが停止したまま、ということのようだ。ただ手動でnginxを開始することができるのに、このsessionで開始できないのはなぜだろう。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

RSS
Follow by Email