築20年でようやく外壁塗装とリフォームができました。

築20年が経過し外壁塗装のリフォームを決意

外壁塗装 リフォームこちら : 外壁塗装|塗り替え

北海道に移住してサイディングに拘った新築住宅を建てる築20年が経過し外壁塗装のリフォームを決意良い業者さんに巡り合えて家を新築した気分に

確かに他の家のサイディングと比較して重厚感があり、見た目にも「いいもの」というのが分かる感じです。
そして、そのまま10年が経過して子どもも家から巣立ち、妻と2人暮らしの生活がスタートしました。
その頃になると周りでは外壁塗装の塗り直しをする家が多くなり、その辺りで塗り直しをしていない家は我が家だけとなりました。
実際に我が家のサイディングを触ってみても劣化の前兆だと言われる白い粉が付くこともなく何も問題なかったため、やはり住宅メーカーの言うとおり高くても質の良いものにして正解だったと思いました。
しかし、それから更に10年が経過し20年目に突入すると、コーキングの剥がれが目立ってきました。

【家賃収入は貯めておく】
一昨日からの雨漏りで中古RCで窓枠からの水漏れが複数の部屋で連続して発生。

部分補修を昨日はしたが、シーリング全体の打ち直しと、それに伴う足場工事なので外壁塗装も急遽実施することに。

数百万の支出だが貯めていたのでなんとかできる。

中古RCは突発的支出がある。
pic.twitter.com/FsG947Sq8y

— 大家物語 (@ooyamonogatari) May 22, 2021
そこでホームセンターでコーキング補修材を購入してDIYで修繕していましたが、2階部分の修繕はさすがに自分ではできません。
そして何気なくサイディングを触ってみると、白い粉も付くようになっていました。
そろそろ塗り替えの時期かなと思い業者を見つけようと考えていたところ、隣の家が2回目の外壁塗装を始めました。
費用をざっくりと聞いてみると思ったよりも安価で、作業している業者の方に我が家のサイディングを見てもらったところやはり塗り替えた方が良いとのことだったので、ついに我が家も外壁塗装のリフォームを決意します。